ウィリアムヒルで遊び尽くす

ウィリアムヒルで遊び尽くす

ブックメーカーとは?

ブックメーカーとは別名をスポーツブックとも言い、これは政府公認のスポーツなどを題材にした「賭けの胴元」のことを意味します。

ブックメーカー(スポーツブック)=政府公認の賭けの胴元」 です。

まずこれが基本になります。

なので、 競馬や競輪や競艇や競輪を行なっている日本の国や、公共機関は 一種のブックメーカー(スポーツブック)だということになります。

でもここで扱うブックメーカーは、れっきとした英国政府の許可を得て行われる政府公認の賭けです。

英国政府の許可を得て、世界中のスポーツ、テニス・ゴルフ・アメフト・サッカー・野球・バスケットボール・NCAA・Jリーグ・アイスホッケー・・・

そしてスポーツだけではなく、次期大統領を予想したり(選挙)や、 次期オリンピック開催地や、 果てはクリスマスに雪が降るかなんて天候まで、 あらゆることが賭けの対象になります。

”こういうスポーツを含むいろいろなイベントの結果を予測して、 当たると配当がもらえる。”

こういうゲーミングの胴元がブックメーカーです。

そしてブックメーカーとはスポーツブックの同義語なのです。

ブックメーカーとは?

ブックメーカーとは別名をスポーツブックとも言い、これは政府公認のスポーツなどを題材にした「賭けの胴元」のことを意味します。

ブックメーカー(スポーツブック)=政府公認の賭けの胴元」 です。

まずこれが基本になります。

なので、 競馬や競輪や競艇や競輪を行なっている日本の国や、公共機関は 一種のブックメーカー(スポーツブック)だということになります。

でもここで扱うブックメーカーは、れっきとした英国政府の許可を得て行われる政府公認の賭けです。

英国政府の許可を得て、世界中のスポーツ、テニス・ゴルフ・アメフト・サッカー・野球・バスケットボール・NCAA・Jリーグ・アイスホッケー・・・

そしてスポーツだけではなく、次期大統領を予想したり(選挙)や、 次期オリンピック開催地や、 果てはクリスマスに雪が降るかなんて天候まで、 あらゆることが賭けの対象になります。

”こういうスポーツを含むいろいろなイベントの結果を予測して、 当たると配当がもらえる。”

こういうゲーミングの胴元がブックメーカーです。

そしてブックメーカーとはスポーツブックの同義語なのです。

スポーツベッティングとは?

ブックメーカーはスポーツブックと同じ意味で、賭けの胴元であることは「ブックメーカーとは?」で説明しました。

それでこのブックメーカー(スポーツブック)で、実際にいろんなイベントの結果を予想して、お金を賭けてプレイすることをスポーツベッティングと言います。

胴元がブックメーカー。(これはスポーツブックと意味が同じ)

ブックメーカーで賭けをすることをスポーツベッティングと言うのです。

よく似た言葉ですが、 日本人には馴染みがないため、 しっかりこの言葉の意味を覚えて下さい。

このスポーツベッティングは、 日本で言えば「スポーツ賭博」です。 かつて日本でもアンダーグラウンドで行われていた、 そして今現在もおそらく非合法で行われている、 あの悪名高きスポーツ賭博。

日本では悪名高きスポーツ賭博ですが、英国では、そして世界では、実はこれは極めて健全なゲーミングなのです。

日本では賭博法で厳しく規制することによって、 このようなものを地下に潜らました。

その結果、地下に潜った悪の組織は、法外な手数料を取ったり、とんでもない利益の上前をハネる、悪辣な方法でスポーツ賭博を行なっています。

英国政府などから、れっきとしたお墨付きを与えられて、頭脳を駆使する国民的な娯楽として、健全に発達したスポーツベッティングでは、公平・公正で、かつ健全な遊びとして、総投資額の大半をプレイヤーに還元しています。

同じスポーツ賭博でも、天と地以上の違いが生じてしまったわけです。

片や禁じた結果、非合法化して地下に潜ったスポーツ賭博と、公式に合法化した結果、健全で公正な娯楽として、

国民に定着したスポーツベッティング。

返す返すも日本の下手なやり方ばかり、強調されてしまいます。

下手なというより、「国や一定の組織だけが儲かれば良い」という

貧困な物の考え方が、

このように不幸な歴史を形作った訳です。

こう考えれば、海外のスポーツベッティングを

怖がる必要は全くありません。

それどころか、日本人には全く新しい未知のゲーミングが、合法的にやってきたのです。

これを経験しない手はありません。

ブックメーカーを運営するには

もちろんこのようなブックメーカー(スポーツブック)、 つまり「賭けの胴元」を運営するためには、 他のオンラインカジノ同様に、厳しい審査を受けてライセンスを取得しなければならないのは、 あなたの想像のとおりです。

企業としての真剣な努力がなければ、 このようなライセンスを取得できるものではありません。

それには企業としての資金力はもちろん、社会的信用性、ソフトウェアの信頼性、その他多岐にわたる項目の審査と、定期的な第三者の監査を受け続けなければならないことを意味します。

このような審査、監査は、 おそらく万人の想像をはるかに超える厳しいもので、 ただの思いつきや、 簡単に儲けようなんて企業が入り込めるスキはありません。

ちなみにここにご紹介しようとしているブックメーカーは、

いわゆる著名な巨大企業であり、

英国でも、そして全世界でもその信頼性は群れを抜いた次元に存在しています。

その名はウィリアムヒルです。

公正なスポーツベッティング

世界ではメジャーリーグやメジャーゴルフ、フットボールやサッカーにお金を賭けるのは当たり前です。

このスポーツベッティングという遊びは、とてもメジャーなゲーミングとして、社会の文化に深くとけ込んでいます。

ここは不健全の「不」という文字など、全く無縁の世界です。

政府の公認のもと、健全な企業が公平に運営する公正なスポーツベッティングが、秩序正しく行われているわけです。

日本では競馬が不健全ではなく、 公然と行われているのと同じです。

これらは国が認めているから賭け事として成立しているのであって、 日本では野球を賭博の対象にすることなどが、 認められていないだけのことなのです。

もちろん競馬の還元率は約70%と言われており、スポーツベッティングは何と還元率約94%ですから、その中身の透明さも随分異なります。

世界のスポーツベッティング。

こんな健全な娯楽が日本ではご法度だったのです。

golf

日本は今黎明期

日本でも今、スポーツベッティングがオンラインを通じて、

ようやくプレイ可能になっています。

しかしまだまだ知名度が高くはありません。

さらにもしこのサービスを知っていても、

[check]海外のサービスだから信用できない

[check]日本の賭博法に抵触しそうで怖い

[check]サービス自体が日本語に対応していない

こういったことからまだまだブームが爆発するには至っていません。

しかし、日本は実はギャンブル大国です。

このサービスを知れば、全く新しい良心的な賭け市場で、自由にいろいろなスポーツにベットできる。

こういう現実が分かれば、

一気に爆発する下地があります。

この楽しさはもう、 あなたをスポーツベッティングのとりこにするでしょう。

これを実際にひとたび経験してみれば、 日本人にも即座に受け入れられることになるのは明白です。

今日本はスポーツベッティングの静かな黎明期にあるのです。

競馬

【2020年9月版】オンラインカジノ中級者以上の方はこちらもチェック!

オンラインカジノは2009年から運営が始まり、すでに10年以上の業界実績があるオンラインカジノ。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後オンラインカジノを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

オンラインカジノで2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興オンラインカジノ業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/