オンラインカジノの不安を払拭

日本でカジノは違法?

日本では賭博法できびしく民間のギャンブルを規制しました。 その結果、非合法ギャンブルは地下に潜り、反社会勢力によって、悪辣な性質を帯びた賭博と化してしまいました。 そこには客から金銭を絞りとることだけが目的の、仁義なき世界が展開されてきました。 野球賭博や丁半博打。 聞いただけでも印象のすこぶる悪いアンダーグラウンドのどろどろしたおぞましい情景が繰り広げられてきたのです。 いや、現在もそういう形で存在し続けているのでしょう。 一方海外のギャンブル事情。 例えばあのプライド高き英国では、ギャンブルの開帳を厳しいライセンス制として、ライセンスを取得したものに対して、逆にこれを許容しました。 その結果、ユーザー重視の極めて健全なギャンブルとして、彼らの文化そのものとして今日まで成長してきました。 例えばスポーツベッティングなどを運営する英国の企業は、大きな規模を誇り、ロンドン市場にも上場し、テレビでCMも流し、その社会的信頼性は銀行をも凌ぐと言われています。 スポーツベッティングとスポーツ賭博は全く同じ意味です。 でもこの言葉から受ける印象は、全く異次元の響きになってしまっています。 国や公共が利益を貪りたいがために、一般のギャンブルを厳しく規制した日本。 片や、逆に厳しい審査を行なってライセンスを与え、これを許容した海外のギャンブル。 どちらが健全に、しかも安全に発展したか、その問の答えは明らかです。 日本のやり方は完全に失敗ではなかったでしょうか。 非合法ギャンブルをはびこらせ、そしてパチンコで国民をごまかしても、誰も満足はしないのです。 こうした葛藤が、今オンラインカジノへの期待に 変換しつつあるのだと思われてなりません。

必ずライセンスをチェックしましょう

今日本に上陸してきているオンラインカジノは、すべてギャンブルが合法な、海外の国や地域の国際ライセンスを取得して、インターネットを通じて全世界に提供されています。 ちなみにカジノが合法で、オンラインカジノのライセンスを発行している国や地域はおおよそ次のようなところです。
  • イギリス
  • マン島
  • マルタ
  • ジブラルタル
  • アンティグア・アンド・バブーダ
  • キュラソー
  • オルダニー
  • コスタリカ
  • ベリーズ
  • カナワケ
  • フィリピン・カガヤン
正直「一体それどこやねん?」というところも多いのがちょっと不安の種かも知れません。 が、しかし、 このような国や地域のライセンスを取得するためには、企業としての資金力や信頼性はさることながら、ゲームソフトウェアの公正性・公平性、そしてゲーム還元率や、乱数の機能まで厳しくチェックされます。 しかも第三者機関の厳密な審査も同時に受けて、これにも合格しなければなりません。 当然のことながら、このような審査を経て無事ライセンスを取得するためには、それなりの費用と半年・1年という期間を必要とします。 つまりそれだけのリスクに耐え、審査に耐えたものだけが、この国際ライセンスを取得できるわけです。 オンラインカジノの国際ライセンスは、そうは簡単に取れるものではないという事実は知っておいてもよさそうです。

オンラインカジノ運営側から見た時の視点

オンラインカジノのライセンスを取得した運営会社は、ライセンスを取得した後も、ずっと継続して、第三者機関の監査を定期的に受け続けなければなりません。
  • ゲーム還元率はいくらぐらいの推移か
  • 数々の経営指標はどうなっているか
  • ソフトウェアなどの改ざんや改変はしていないか
  • 役員や経営陣に不都合な人間が入って来ていないか
  • ユーザー重視の健全な運営姿勢が維持されているか
などなどこういった事項を常に定期的に審査されるのですから、生半可な姿勢で運営するわけにはいきません。 もちろん、顧客の満足度を第一に考える姿勢がなければ、即刻このサービスは左前になってしまいます。 ですから審査があるなしにかかわらず、常にユーザー重視、信頼経営を心がけているのは言うまでもありません。 「ユーザー第一の姿勢を貫くことだけが、運営会社が発展していくための唯一の手段である」 この事実を運営会社は、誰よりも深く理解しています。 オンラインカジノを運営するということは、顧客に満足を与えることに他なりません。 そのためのありとあらゆる努力を、オンラインカジノの運営者は常に考え実践しています。

運営会社を選ぶ時の注意点

オンラインカジノの運営会社は一体どんなところなのでしょうか。 オンラインカジノの運営会社や、ゲームソフトウェアを製作する会社で、ロンドン株式市場に上場している会社は、実はたくさんあるのです。 オンラインカジノ会社やソフトウェアの会社がロンドン株式市場に上場しているということは、このような会社は社会的信用も、信頼性も十分備えているということを意味しています。 胡散臭い会社ではないのです。 れっきとした一流企業だということです。 また株式上場だけでなく、多くのオンラインカジノ運営会社が、プロサッカーチームのスポンサーを努めたりしています。 32RedPLCのアストン・ヴィラ、Betfairのマンチェスター・ユナイテッド、MansionLimitedのトッテナム・ホットスパーなどなど・・・ 株式上場にプロサッカーチームのスポンサー。 オンラインカジノ運営会社は、超がつくほどの優良企業なのです。 日本で知られていないから怪しい・・・ 実はこちらの方が井の中の蛙ということになりそうです。怪しんでいるヒマはありません。 ただし・・・ 我々はどれが信頼性のあるサイトで、どれが偽物かを、 判断する術を知りません。 その点だけは要注意になります。

実在する悪質なオンラインカジノ会社

世の中には常に人を騙して金銭を搾取しようとする悪意の人たちがいっぱいいます。 特にインターネットの世界ではその傾向が顕著です。 実はオンラインカジノも、当然ですがすべて信頼出来るようなサイトばかりではありません。 もちろんこのホームページでご紹介しているのは、優良なサービスばかりですが、もし他の何らかのページからのアクセスなどは、ちょっと気をつけて下さい。
  • 国際ライセンスなど取得していないのに、取得したように見せかけたサイト
  • あなたを騙すことだけに特化したサイト
  • 実際にある優良サービスのHPに酷似させて作ったサイト
  • 入金したが最後、決して出金出来ないようなサイト
このようなサイトも蔓延しています。 また世界では、日本人ほど騙しやすい人種はいないと思われています。 お金持ちで見栄っ張りでそのくせお人好し。 こういう人は一番騙しやすいのだそうです。 他人事ではなく、お互い気を付けたいところですね。 で、簡単ですがちょっとだまされないためのポイントを 言えば・・・ ぶっちゃけ次のサービスの中から選んで下さい。 危ないサイトに注意するより、安全なサイトから選んだほうがはるかに無難です。 絶対大丈夫な優良カジノは・・・ インターカジノ、ワイルドジャングルカジノ、ジパングカジノ、 32Redカジノ、ジャックポットシティ、インペリアルカジノ、 ユーログランドカジノ。 ポーカーならエベレストポーカー、JBETポーカー。 スポーツベッティングならウィリアムヒル。 そして麻雀ならDORA麻雀。 他にもいっぱいあるでしょうが、 これだけでも相当な種類がありますので、 ここから選んでいただければいいのではと思います。
【2020年9月版】オンラインカジノ中級者以上の方はこちらもチェック!

オンラインカジノは2009年から運営が始まり、すでに10年以上の業界実績があるオンラインカジノ。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後オンラインカジノを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

オンラインカジノで2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興オンラインカジノ業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/